価値が分からない毛皮!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2017年11月22日

毛皮に関することで

人差し指を挙げる女性

毛皮は大変デリケートな製品なので、正しいお手入れ方法と性質を知って、末永く愛用できるようにしたいものです。

ミンク ー 美しく自然な光沢と美しい色調が特徴です。軽くて柔らかく耐久性も抜群です。
オスとメスで毛質が違い、オスはメスより大型で豪華な雰囲気から、ストールや襟などに、メスは軽くしなやかな毛質を生かし、コート等に適しています。

また、品質のよいものについては、生産者団体や生産国によって名称がついており、主なものに、アメリカの「ブラックグラマ」、「ウルトラ」、「レジェンド」、スカンジナビアの「サガ」、そしてカナダの「マジェスティック」などが ある。

セーブル ー セーブルは他のマーテン同様テンの種類であるが、その毛皮が際立って優秀なことから、他のマーテンとは別格扱いでセーブルとして知られる。毛足が長く密生しており、絹のような光沢と手触りが特徴です。
刺毛、綿毛とも繊細で細く、濃い褐色のものが良質なものとされる。

毛皮で使用されるものは主に、シベリア産のロシアンセーブルとカナダ産のカナダセーブルと分かれるが、シベリア産の方がカナダ産よりも密度も高く、より絹の感触に近いと言われている。

一インチあたり最も高価な毛皮であり、貴族以外は着用を許されなかったと言われる「毛皮の王様」セーブルです。
最高級毛皮の代名詞として今日もその地位は揺るぎがないのである。

ラビット・ラパン ー 全体に毛足が短く、綿毛が厚く密生し、刈毛にすると美しい。染色が容易で、毛皮の模造王として模様を作れるものはすべてラビットで作ることが出来、軽く、安価であるためしばしば高級毛皮の代用として染色に用いられる。

毛皮動物の中で最も多産なこの動物は、その数の上で毛皮産業への貢献度大なる毛皮動物である。

フォックス ー 光沢のある長めの剃毛で、綿毛も密度があり豊かなボリューム感が特徴です。

フォックスは今日の、長毛毛皮ファッションの台頭でますます高価になりつつある長毛毛皮動物の代表として重要視され、今日の毛皮ファッション界では欠かすことのできない毛皮である。

レッキス ー 原産地はフランスラビットの特殊な種類として、刺し毛が退化した綿毛だけのものがレッキスと呼ばれる。

ビードロのような手触りの毛質が特徴で、毛の長さは15~18㎜と短くて柔らかい。
オーバーコートとアンダーコートが同じ長さのため、毛の密度が濃く見える。

毛皮買取業者口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スピード買取.jp